たまりば

  多摩地域のお店・会社 多摩地域のお店・会社  清瀬市 清瀬市

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
清瀬のまちの行政書士
清瀬のまちの行政書士
開業して4年目の「清瀬のまちの行政書士」新田と申します。
相続・遺言書・建設業許可・法人設立・契約書・車庫証明・永住・帰化等の暮らしや仕事の手続のお手伝いをさせていただきます。
困りごと、悩みごと、相談ごとございましたら、ご連絡下さい。
営業時間 AM9:00 ~ PM6:30
土日祝日も問合せ可能です。
初回の相談料は無料。
お気軽にご連絡下さい。

2017年10月26日

解体工事業登録の変更届!

「清瀬のまちの行政書士」新田行政書士事務所です。
今日は朝から晴天・・でも思ったほど暖かくはないようで・・

解体工事業の登録申請時に申請書に記載した内容に
変更があった場合は・・
変更があった日から30日以内に
都道府県知事に変更を届け出なければいけません。


変更の届け出が必要なのは
①技術管理者の変更
②商号・名称・氏名及び住所の変更
③営業所の新設・廃止、名称及び所在地の変更
④役員の変更
⑤法定代理人の変更

それぞれの変更届には必要な添付書類がありますので
ご確認の上、漏れのないよう届け出てください。


解体工事業登録、建設業新規許可、更新申請、変更届、決算報告等の
ご相談は新田行政書士事務所までお問合せください。
新田行政書士事務所のホームページは
⇒こちらをクリックしてご覧ください
電話からのお問合せは
⇒☎042-455-2796
メールからのお問合せは
⇒こちらに連絡先等記入の上、送信してください
初回の相談料は無料です。お気軽にご連絡下さい。
  


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士 at 13:55Comments(0)建設業許可

    2017年10月25日

    解体工事業登録の申請!

    「清瀬のまちの行政書士」新田行政書士事務所です。
    一日中、雨模様の清瀬です。
    気温もまた下がって、寒い一日になっています。

    解体工事業の登録の申請書には


    ①商号、名称又は氏名及び住所
    ②営業所の名称及び所在地
    ③法人である場合はその役員氏名
     役員とは、業務を執行する社員、取締役、執行役
     又はこれに準ずる者をいい、
     法人に対し業務を執行する社員、取締役、執行役又は
     これに準ずる者と同等以上の支配力を有すると認められる者
     や総株主の議決権の100分の5以上を有する株主や
     出資総額の100分の5以上に相当する出資をしている者
     を含みます
    ④未成年の場合はその法定代理人の氏名及び住所
    ⑤法第31条に規定する技術管理者の氏名
    を記載して都道府県知事に提出します。



    解体工事業登録、建設業新規許可、更新申請、決算報告
    相続・遺言、法人設立、、車庫証明、就労ビザ等のご相談は
    新田行政書士事務所までお問合せください。
    新田行政書士事務所のホームページは
    こちらをクリックしてご覧ください
    電話からのお問合せは
    ⇒☎042-455-2796
    メールからのお問合せは
    こちらに連絡先等記入の上、送信してください
    初回の相談料は無料です。お気軽にご連絡下さい。



      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士 at 14:17Comments(0)建設業許可

    2017年10月24日

    解体工事業者の義務!

    「清瀬のまちの行政書士」新田行政書士事務所です。
    一日中、曇り空の清瀬です・・
    思ったより気温が上がっていません。

    解体工事業者は登録することの他に
    しなければいけないことがあります。


    ①標識の掲示
    営業所及び解体工事現場ごとに
    公衆の見えやすい場所に
    商号・名称又は氏名・登録番号等を
    記載した標識を掲示しなければいけません。

    ②帳簿の備え付け等
    営業所ごとに帳簿(様式8号)を備え
    請け負った解体工事ごとに作成し
    添付書類とともに事業年度の終了後から
    5年間保存しなければいけません。
    (パソコンのファイル、CD-ROM等の記録も可)


    標識の掲示も帳簿の作成・保存も必ず
    実施していきましょう。

    解体工事業登録、建設業新規許可、更新申請、決算報告等の
    ご相談は新田行政書士事務所までお問合せください。
    新田行政書士事務所のホームページは
    こちらをクリックしてご覧ください
    電話からのお問合せは
    ⇒☎042-455-2796
    メールからのお問合せは
    こちらに連絡先等記入の上、送信してください
    初回の相談料は無料です。お気軽にご連絡下さい。





      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士 at 15:17Comments(0)建設業許可

    2017年10月23日

    解体工事業登録の申請!

    「清瀬のまちの行政書士」新田行政書士事務所です。
    朝は雨風ともすごかったのですが
    台風一過・・久々の青空・・ただし強風にご注意を!


    解体工事業の登録の申請には
    下記の書類が必要です。
    ①解体工事業登録申請書
    ②誓約書
    ③登録申請者の調書
    ④役員等氏名
    ⑤技術管理者が実務経験者ならば
     実務経験証明書


    それに添付書類として
    法人ならば商業登記簿謄本又は履歴事項全部証明書
           役員の住民票の抄本
    個人ならば事業主の住民票の抄本
    法定代理人がいれば
           法定代理人の証(誓約書・登録申請者の調書)
           法定代理人の住民票の抄本
    技術管理者の住民票の抄本及び資格証の写し
    実務経験者の場合で
    学卒者は卒業証書の写し又は卒業証明書
    講習受講者は受講修了書の写し
    を用意する必要があります。

    申請書類は正本及び副本(原本のコピー)
    提出が必要ですのでお忘れなく準備してください。

    解体工事業登録、建設業新規許可、更新申請、決算報告等の
    ご相談は新田行政書士事務所までお問合せください。
    新田行政書士事務所のホームページは
    こちらをクリックしてご覧ください
    電話からのお問合せは
    ⇒☎042-455-2796
    メールからのお問合せは
    こちらに連絡先等記入の上、送信してください
    初回の相談料は無料です。お気軽にご連絡下さい。

      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士 at 14:04Comments(0)建設業許可

    2017年10月21日

    解体工事業登録を拒否される場合!

    「清瀬のまちの行政書士」新田行政書士事務所です。
    連日、降り続く雨で体の調子が・・
    明日から台風の影響が心配です。

    解体工事を営む場合は
    登録をしなければいけません。
    その登録の申請にあたっては
    下記要件にあたる場合は
    拒否されます・・



    ①解体工事業の登録を取り消された日から
     2年を経過していない者
    ②解体工事業の業務停止を命ぜられ
     その停止期間が経過しない者
    ③解体工事業の登録を取り消された法人において
     その処分日の前30日以内に役員であり、かつ、
     その処分日から2年を経過していない者
    ④建設リサイクル法に違反して罰金以上の刑罰を受け
     その執行が終わってから2年を経過していない者
    ⑤暴力団員又は暴力団員でなくなった日から
     5年を経過しない者
    ⑥解体工事業者が法人の場合で役員の中に上記1~5
     のいずれかに該当する者がいるとき
    ⑦解体工事業者が未成年で法定代理人を立てている場合
     法定代理人が上記の1~5のいずれかに該当するとき
    ⑧技術管理者を選定していない者

    その他、申請書等に虚偽記載がある場合、重要な事実の
    記載がない場合も登録が拒否されますのでご注意ください。

    解体工事業登録、建設業新規許可、決算報告、更新申請の
    ご相談は新田行政書士事務所までお問合せください。
    新田行政書士事務所のホームページは
    こちらをクリックしてご覧ください
    電話からのお問合せは
    ⇒☎042-455-2796
    メールからのお問合せは
    こちらに連絡先等記入の上、送信してください
    初回の相談料は無料です。お気軽にご連絡下さい。

      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士 at 11:48Comments(0)建設業許可

    2017年10月20日

    解体工事業登録に必要なこと!

    「清瀬のまちの行政書士」新田行政書士事務所です。
    寒い雨が降り続いています。数日前から風邪気味です。
    皆様もお気を付けください。

    解体工事業者は知事への登録が必要ですが・・
    その登録に際して必要なこと・・
    「技術管理者」を設置することです。


    解体工事業者は工事現場における解体工事の施行の
    技術上の管理をつかさどる者で主務省令で定める基準に
    適合する者を選任しなければならない・・とされています。


    技術管理者は・・
    建築物等の構造・工法、周辺の土地利用状況等を踏まえた
    解体方法や機械操作等に関する知識・技術等の
    必要最低限の知識・技術を備えた者をいいます。

    技術管理者になるには一定の要件が決まっています。
    例えば
    ①大学で土木工学学科等を修めて卒業し、
     解体工事に関し2年以上の実務経験を有する者
    ②1級建設機械施工技士の資格を有する者
    ③国土交通大臣の登録を受けた試験に合格した者
    ・・・等々の要件に該当する者に限られます。

    解体工事業を営む業者は原則として登録が必要です。
    早めに知事登録を受けるようお勧めいたします。

    解体工事業登録、建設業新規許可、決算報告、更新申請の
    ご相談は新田行政書士事務所までお問合せください。
    電話からのお問合せは⇒☎042-455-2796
    メールからのお問合せは
    こちらに連絡先等記入の上、送信してください
    初回の相談料は無料です。お気軽にお問合せください。




      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士 at 16:48Comments(0)建設業許可

    2017年10月18日

    解体工事業の登録!

    「清瀬のまちの行政書士」新田行政書士事務所です。
    清瀬は久しぶりの晴天に恵まれています。

    建設業許可の中で意外に知られていない
    のではないでしょうか?
    「解体工事を営もうとする者は 
    知事の登録を受けなければいけません」



    これは建設業法上の定めではなく
    建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律
    で定められています。

    解体工事業とは・・
    建設業のうち建築物等を除去するための解体工事を
    請け負う営業のことです。

    解体工事業を営もうとする者は元請・下請に関わらず
    その業を行おうとする区域を管轄する知事の登録を
    受けなければいけません。

    ただし、土木工事業、建築工事業
    建設業許可を受けた者は解体工事業者の登録の必要は
    ありません。
    とび・土木工事業も必要なかったのですが解体工事業が
    業種に追加されたため、平成28年6月1日時点でとび・土木工事業
    の許可を受けて解体工事業を営んでいる業者は3年間(平成31年
    5月31日)までは登録の必要はありませんが、その要件に
    当てはまらないとび・土木工事業者は登録の必要があります。

    建設業許可を取っておけば、すべて大丈夫・・・
    ではありませんのでご確認ください!

    建設業新規許可、変更届、決算報告、更新申請のご相談は
    清瀬の新田行政書士事務所までお問合せください。
    電話からのお問合せは⇒☎042-455-2796
    メールからのお問合せは
    こちらに連絡先等記入の上、送信してください
    初回の相談料は無料です。お気軽にお問い合わせください。






      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士 at 13:54Comments(0)建設業許可

    2017年10月16日

    一人親方の保険加入!

    清瀬の「まちの行政書士」新田行政書士事務所です。
    一日中、雨の月曜日・・
    昨日の日曜日は市民まつりで相談会を開催しましたが
    あいにくの雨で相談者も少なく・・寒い思いをいたしました。

    建設業界は業界の人材確保、公正な競争の実現等を
    実現するために社会保険未加入対策に取り組んでいます。
    「一人親方」もその対象です。



    事業主である「一人親方」は
    個人で社会保険等に加入することになります。
    ただし、形式が請負でも、その労働の実態が労働者である
    「一人親方」が存在しています。
    この場合は個人で加入するのではなくて、会社で保険加入
    しなければなりません。

    では、どういう場合が事業主で
    どういう場合が労働者なのか・・・国土交通省の例示によれば
    労働者に近い働き方は・・
    *ほぼ会社に専属
    *会社の就業規則に従っている
    *賃金が一日当たりの単価
    *高額な工具類は会社支給
    *仕事のメンバーは会社が決める・・・等々

    事業主としての「一人親方」が加入すべき保険等は
    *国民健康保険
    *国民年金
    *労災保険(特別加入)
    万が一のために社会保険等への加入手続を!

    建設業新規許可・変更届・決算報告・更新申請等の
    ご相談は新田行政書士事務所までご連絡ください。
    電話からのご連絡は⇒☎042-455-2796
    メールからのご連絡は
    こちらに連絡先等記入の上、送信してください
    初回の相談料は無料です。お気軽にご連絡下さい。


      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士 at 16:52Comments(0)建設業許可