たまりば

  多摩地域のお店・会社 多摩地域のお店・会社  清瀬市 清瀬市

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
清瀬のまちの行政書士
清瀬のまちの行政書士
開業して4年目の「清瀬のまちの行政書士」新田と申します。
相続・遺言書・建設業許可・法人設立・契約書・車庫証明・永住・帰化等の暮らしや仕事の手続のお手伝いをさせていただきます。
困りごと、悩みごと、相談ごとございましたら、ご連絡下さい。
営業時間 AM9:00 ~ PM6:30
土日祝日も問合せ可能です。
初回の相談料は無料。
お気軽にご連絡下さい。

2017年04月28日

外国人の永住許可に必要なことは!

清瀬の「まちの法律家」新田行政書士事務所です。
ご訪問ありがとうございます。
4月26日に法務省から
「永住許可に関するガイドライン」の改定の
お知らせがありましたのでぜひ、ご確認ください。


では永住許可のガイドラインとは・・
1、素行が善良であること
 法律を遵守し日常生活においても住民として社会的に
 非難されることのない生活を営んでいること

2、独立の生計を営むに足りる資産又は技術を有すること
 日常生活において公共の負担にならず、その有する資産又は
 技能等から見て将来において安定した生活が見込まれること。

3、その者の永住が日本国の利益に合すると認められること
 ア、原則として引き続き10年以上本邦に在留していること。
   ただし、この期間のうち、就労資格又は居住資格を持って
   引き続き5年以上在留していること
 イ、罰金刑や懲役刑などを受けていないこと。
   納税義務等公的義務を履行していること
 ウ、現に有している在留資格について入管法施行規則別表第2
   に規定されている最長の在留期間をもって在留していること。
 エ、公衆衛生上の観点から有害となるおそれがないこと

ただし、日本人、永住者又は特別永住者の配偶者又は子である場合は
1及び2に適合することを要しない。また、難民の認定を受けている者は
2に適合することを要しない。

他にも「原則10年在留に関する特例」が示されています。
詳しくお知りになりたい方は法務省のホームページ又は
当事務所までご確認ください。

入管手続・在留資格のご相談は
新田行政書士事務所までご連絡ください。
東京都清瀬市竹丘3-10-78
電話は042-455-2796
メールはhnittaoffice@jcom.zaq.ne.jp

   
   


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士 at 14:29Comments(0)在留資格・入管

    2017年04月25日

    まずエンデイングノートから!

    清瀬の「まちの法律家」新田行政書士事務所の
    行政書士 新田です。ご訪問ありがとうございます。
    パソコンが故障して修理に出していたこともあり
    しばらくぶりの投稿になります。

    後々のことを考えて、遺言書を作っておこうか
    と思っても書式とか作成方法とか調べてみると
    面倒になって・・・結局、何もしないまま・・時が過ぎて・・
    よくあることかもしれません。
    遺言書をご自分で作ろうとしても難しくてあきらめる・・


    それならば「エンデイングノート」はどうでしょう。
    エンデイングノートは書式や作成方法が決まっている
    わけでもなく、書店等に行けば、フーマットが出来ていて
    それに書き込めばいいようになっているものも売ってます。

    遺言書だと書いても意味がないことも
    エンデイングノートには書き残せます。
    例えば、亡くなる前の準備・・
    認知症になった時、意識不明になった時の対処方法・・
    亡くなった後の・・
    葬儀の方法、埋葬の方法、参列者の希望等々・・
    家族との思い出の写真等も貼っておくのもいいでしょう。

    エンデイングノートには法的効力はありません。
    相続になったとき、遺産争いがおきそう・・と思ったときは
    遺言書を作りましょう。ご自分で作るのが難しそう、わからない
    その時は・・
    いつでも当事務所がご相談に乗ります。

    まずは自分史を作るつもりでエンデイングノートを
    書き始めてはいかがでしょうか。
    遺言書のご相談・お手伝いは
    清瀬市竹丘の新田行政書士事務所までどうぞ!
    電話042-455-2796
    営業時間は午前9時~午後6時30分です。

      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士 at 08:58Comments(0)相続・遺言

    2017年04月06日

    きよせさくらまつり2017もあと3日です!

    清瀬の「まちの法律家」新田行政書士事務所です。
    今日は清瀬の情報についてお届けいたします。


    近所の公園のさくらも今日は満開になっていました。
    ちょっと風が強く吹いていたの散り始めていましたが・・
    きよせさくらまつり2017が3月24日から始まっています。
    なかなか開花が進みませんしたが今は満開でしょう!
    会場は「台田運動公園」
    公園内の1.3km続くさくらのトンネルはなかなか見事!
    夜も9時まで提灯を点けているので夜桜も!
    清瀬駅からバス「台田団地行き」「台田団地中央」下車
    徒歩1分・・


    さくらまつり2017は今度の日曜日・・
    4月9日までです。
    あまり天気は良くなさそうですが
    暖かくなってきましたので近所の方は
    出かけてみてはいかがでしょうか!

    相続・遺言、許認可、入管手続等の法務手続の
    ご相談・問い合わせは清瀬市竹丘の
    新田行政書士事務所までご連絡ください。
    TEL042-455-2796


      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士 at 18:41Comments(0)清瀬情報

    2017年04月03日

    新たに外国人を採用する時の入管手続!

    清瀬の「まちの法律家」新田行政書士事務所です。
    今日は入管手続についての情報をお知らせいたします。


    新しく外国人を採用する場合は・・
    ①国外から呼び寄せる場合は
     「在留資格認定証明書」の交付申請が必要です。
     本人又は代理人(行政書士等)が行います。
     代理申請の場合は本人に送付して査証(ビザ)申請
     又は上陸審査の時に証明書を提出すると
     審査をスムーズに行うことができます。

    ②国内に在留している場合は
     就労資格を持っていない場合は
     「在留資格変更」の許可申請を本人又は
     代理人(行政書士等)が行います。

    ③すでに就労資格を持っていても
     在留資格に該当する活動を引き続き行う場合は
     「契約機関に関する届出」又は
     「活動機関に関する届出」が必要です。

    雇用主は必ず、採用後の業務内容が
    在留資格に該当するか確認する必要があり、
    「中長期在留者の受け入れに関する届出」
    提出したほうがよいでしょう。
    その他、入管手続についてのお問い合わせは
    清瀬市竹丘3-10-78
    新田行政書士事務所までご連絡ください。
    TEL042-455-2796
      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士 at 09:08Comments(0)在留資格・入管