たまりば

  多摩地域のお店・会社 多摩地域のお店・会社  清瀬市 清瀬市

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
清瀬のまちの行政書士
清瀬のまちの行政書士
開業して4年目の「清瀬のまちの行政書士」新田と申します。
相続・遺言書・建設業許可・法人設立・契約書・車庫証明・永住・帰化等の暮らしや仕事の手続のお手伝いをさせていただきます。
困りごと、悩みごと、相談ごとございましたら、ご連絡下さい。
営業時間 AM9:00 ~ PM6:30
土日祝日も問合せ可能です。
初回の相談料は無料。
お気軽にご連絡下さい。

2017年11月07日

行政書士の遺言のお手伝い(公正証書遺言の証人)

「清瀬のまちの行政書士」新田行政書士事務所です。
立冬ですが日中は暖かく・・・夕方になるとやはり・・

公正証書遺言を作成するときは
証人2人以上が立ち会う必要があります。


証人は誰でもいいわけではなく・・
①未成年者
②推定相続人及び受遺者と
  その配偶者や直系血族
③公証人の配偶者、四親等内の親族
  書記及び使用人
以上の①~③に該当する人は証人になれません。

では遺言者の知人・友人に頼むか・・
というと、なかなか難しい問題が
遺言書の内容は証人が聞くことになりますので
第三者とはいっても知られたくないのが普通。


公正証書遺言のお手伝いを依頼された時は
業務をご説明する時に証人をどうするか確認します。
頼める人がいる人はそうはいません。
その時は私が証人をさせていただいています。
行政書士は行政書士法で守秘義務が
定められています。
そのため、もう一人の証人も同業の方に
依頼することが多いです。
やはり守秘義務がありますので
遺言書の内容が外部に漏れることはありません。

公正証書遺言の作成を考えているときは
証人の選任も考慮に入れてみてください。
なお、公証役場でも証人は手配していただけます。

公正証書遺言の文案作成、公証役場手続等の
お手伝い、相続手続等のお手伝いのご相談は
新田行政書士事務所までお問合せください。
新田行政書士事務所のホームページは
こちらをクリックしてご覧ください
電話からのお問合せは
⇒☎042-455-2796
メールからのお問合せは
こちらに連絡先等記入の上、送信してください
初回の相談は無料です。お気軽にご連絡下さい。
  


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士 at 18:14Comments(0)相続・遺言