たまりば

  多摩地域のお店・会社 多摩地域のお店・会社  清瀬市 清瀬市

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
清瀬のまちの行政書士
清瀬のまちの行政書士
開業して4年目の「清瀬のまちの行政書士」新田と申します。
相続・遺言書・建設業許可・法人設立・契約書・車庫証明・永住・帰化等の暮らしや仕事の手続のお手伝いをさせていただきます。
困りごと、悩みごと、相談ごとございましたら、ご連絡下さい。
営業時間 AM9:00 ~ PM6:30
土日祝日も問合せ可能です。
初回の相談料は無料。
お気軽にご連絡下さい。

2017年11月14日

その遺言書はダメです・・!

「清瀬のまちの行政書士」新田行政書士事務所です。
雨が降ってきました。
洗濯物干している皆さん、急いで取り込まないと・・

遺言書を作るには
15歳以上でなければいけません
判断能力がなければいけません
あとは・・


作り方にいろいろ決まりがあります。
例えば、自筆証書遺言(自分で作る遺言)ならば・・
全文・日付・氏名を自書して押印する
と民法に定められています。

全文は遺言書の内容のことです。
何がダメかというと・・
ワープロ、パソコン、代筆等で作ったらダメですよ!
ということです。
音声で残す、ビデオで残す・・・これもダメですよ!

日付を書く・・
今日は11月14日・・・だから11月14日と書く・・
それじゃダメですよ!
2017年11月14日又は平成29年11月14日
年月日で書かないと
作った日付が正確にわかりません。
なぜ、わからないとだめなの?
2通の遺言書が存在して、その内容が抵触する場合
後の日付の遺言書が優先する・・・という定めがあるからです。


遺言書の決まりが難しいから作りたくない!!
そんな時は行政書士に相談してください。
遺言書作成のお手伝いをいたします。

遺言書の文案作成から公正証書の手続のお手伝い
相続手続、建設業許可、法人設立、契約書
車庫証明、就労ビザ、永住、帰化等のご相談は
新田行政書士事務所までお問合せください。
当事務所の業務内容はホームページをご覧ください
こちらをクリックしてご覧ください
電話からのお問合せは
⇒☎042-455-2796
メールからのお問合せは
こちらに連絡先等記入の上、送信してください
初回の相談は無料です。お気軽にご連絡下さい。

  


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士 at 13:43Comments(0)遺言書