たまりば

  多摩地域のお店・会社 多摩地域のお店・会社  清瀬市 清瀬市


2017年12月31日

大祓い!

「清瀬のまちの行政書士」新田行政所です。
大晦日になりました・・
本日もご訪問ありがとうございます。

先ほど地元の「日枝神社」
お参りに行って来ました。


12月の晦日は「大祓い」
茅の輪をくぐって
穢れを払う神事です。

日枝神社にも茅の輪が用意されていたので
くぐってまいりました。
毎年、くぐっていたのですが・・・
くぐり方があるようで
一礼して左へくぐり、また一礼して右へくぐり
再び一礼して左ヘくぐると一礼して直進・・

もしかすると今日始めて方式に則って
茅の輪くぐりをしたような気がします。
今年の嫌なことはすべて払い落し
良い新年が迎えられそうです。
ブログをお読みいただいた皆様も
よいお年をお迎えください。
来年もよろしくお願いいたします。


相続・遺言、建設業許可、法人設立、契約書
車庫証明、就労ビザ、永住、帰化等のご相談は
新田行政書士事務所までお問合せください。
当事務所の業務内容はホームページをご覧ください
こちらをクリックしてご覧ください
電話からのお問合せは
☎042-455-2796
メールからのお問合せは
こちらに連絡先等記入の上、送信してください
来年は1月4日より始業いたします。
よろしくお願いいたします。
  


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士  at 11:39Comments(0)清瀬情報

    2017年12月30日

    解体工事業許可の解体工事!

    「清瀬のまちの行政書士」新田行政書士事務所です。
    今年も本当にあとわずか・・
    ご訪問ありがとうございます。

    平成28年6月に新たに定められた
    「解体工事業」・・・
    「とび・土工・コンクリート工事」に含まれていた
    工作物の解体を行う工事が切り離されて
    新たな業種「解体工事」になったわけですが・・


    「解体工事」の許可を取得すれば
    どのような解体工事も可能なのかといえば
    そうでもなくて・・

    それぞれの専門工事で建設された目的物・・
    それだけを解体する場合は各専門工事になります。
    例えば・・
    信号機の解体工事⇒電気工事業
    コンクリート構造物の解体⇒とび・土工工事業

    総合的な企画・指導・調整のもとで
    土木工作物・建築物を解体する工事は
    土木一式工事や建築一式工事に該当します。

    「解体」という言葉だけで工事を施工すると
    意外にも・・ということにならないように
    ご注意ください。

    建設業許可新規申請、更新申請、変更届、決算報告
    等のご相談は新田行政書士事務所までお問合せください。
    当事務所の業務内容はホームページをご覧ください
    こちらをクリックしてご覧ください
    電話からのお問合せは
    042-455-2796
    メールからのお問合せは
    こちらに連絡先等記入の上、送信してください
    1月3日までは休業しますので
    お問い合わせは1月4日からお願いいたします。
    午前9時~午後6時半まで・・お待ちしております。





      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士  at 16:23Comments(0)建設業許可

    2017年12月29日

    続々・建設業許可のよくある質問!

    「清瀬のまちの行政書士」新田行政書士事務所です。
    ご訪問ありがとうございます。

    今日も建設業許可(都知事許可)のよくある質問から・・
    (参照:東京都HP)


    ①従たる営業所の専任技術者が交代する場合、
     後任が一般建設業の資格なので従たる
     営業所を特定から一般にできますか?

    事業者の一般・特定の枠を超えて変更できません。
    専任技術者が一般しか担当できなければ
    業種を廃止しなければなりません。

    ②5年前に許可を取得して更新申請と同時に
     業種追加の申請をする場合、
     「直前5年間許可を受けて継続して営業した
     実績のあること」の要件に該当しますか?

    業種追加をする場合、申請日時点では
    許可取得後5年未満のため
    自己資本500万円以上か
    500万円以上の資金調達能力が必要です。

    ③東京都以外で工事を請け負う場合は大臣許可
     が必要ですか?

    営業所の所在地が都以外の道府県にあれば
    大臣許可が必要ですが、工事現場の場所は
    関係なく都知事許可業者でも他道府県で
    工事が行えます。

    もう年末もあとわずか、正月休みを過ごして
    2018年は建設業許可を取得するぞ・・
    業種追加するぞ・・というような
    建設業許可新規申請、更新申請、業種追加、決算報告
    等のご相談は新田行政書士事務所までお問合せください。
    当事務所の業務内容はホームページをご覧ください
    こちらをクリックしてご覧ください
    電話からのお問合せは
    ☎042-455-2796
    メールからのお問合せは
    こちらに連絡先等記入の上、送信してください
    まずはご連絡ください。お待ちしております。
    12月31日~1月3日は休業しております。
    ご承知おきください。
      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士  at 11:51Comments(0)建設業許可

    2017年12月28日

    続・建設業許可のよくある質問!

    「清瀬のまちの行政書士」新田行政書士事務所です。
    ご訪問ありがとうございます。

    建設業許可(都知事許可)のよくある質問集より
    (参照:東京都HP)


    ①決算報告で提出する事業報告書の様式は?

    様式は決まっていません。
    株主総会に提出して報告したものと同一のもの
    を届け出るということになります。

    ②決算報告は更新のときにまとめて提出できますか?

    決算報告は毎事業年度終了後4ケ月以内に提出
    が義務付けられています。
    提出がなければ業種追加や更新申請ができません。

    ③以前の在籍会社の証明書の押印がもらえない場合は?

    経管や専任技術者の実務経験の証明書の押印は
    被証明者が自分で証明することができます。
    被証明者が署名して個人の実印を押印します。
    ただし経験内容の確認資料が別途必要になります。

    さて今年もあとわずか
    来年こそ建設業許可を、業種追加をお考えの皆様
    建設業許可新規申請、更新申請、業種追加申請
    変更届、決算報告等のご相談は
    新田行政書士事務所までお問合せください。
    当事務所の業務内容はホームページをご覧ください
    こちらをクリックしてご覧ください
    電話からのお問合せは
    042-455-2796
    メールからのお問合せは
    こちらに連絡先等記入の上、送信してください
    まずはご連絡ください。お待ちしております。
    12月31日~1月3日は休業いたしますので
    ご承知おきください。
      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士  at 13:30Comments(0)建設業許可

    2017年12月27日

    建設業許可のよくある質問!

    「清瀬のまちの行政書士」新田行政書士事務所です。
    ご訪問ありがとうございます。

    建設業許可(都知事許可)のよくある質問集より
    (参照:東京都HP)


    ①都知事許可を取得している個人事業主が
     法人化したら許可は引き継げるか?

    新規許可を取得する必要があります。

    ②複数業種を追加する場合の(東京都ヘの)手数料は?

    手数料は一般建設業か特定建設業かで変わります。
    すべて一般建設業なら5万円
    一般と特定があれば10万円

    ③決算報告は決算書を提出すれば良いか?

    法令様式に書き直す必要があります。
    法令様式は東京都都市整備局のHP
    からダウンロードできます。

    迷ったときはまず相談!
    建設業許可新規申請、更新申請、変更届、決算変更届
    等のご相談は新田行政書士事務所までお問合せください。
    当事務所の業務内容はホームページをご覧ください
    こちらをクリックしてご覧ください
    電話からのお問合せは
    042-455-2796
    メールからのお問合せは
    こちらに連絡先等記入の上、送信してください
    まずはご相談ください。お待ちしております。
      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士  at 09:01Comments(0)建設業許可

    2017年12月26日

    建設業許可Q&A!

    建設業許可、法人設立、契約書等の
    「清瀬のまちの行政書士」新田行政書士事務所です。
    ご訪問ありがとうございます。

    建設業許可(東京都)のよくある質問より
    (参照:東京都HP)


    ①工事経歴書の書き方は?
     
    許可業種ごとに作成します。
    実績がなければ実績なし と記入しましょう。

    ②建築一式工事許可でどんな工事も請け負える?

    各専門工事の許可がなければ
    500万円以上の専門工事を単独で請け負うことは
    できません。

    ③自宅の営業所は独立した営業所になるか?

    電話・机・事務台帳等を備え、居住部分とは明確に
    区分された事務室があることが必要です。
    玄関等には商号を表示しましょう。

    建設業許可取得等の参考になれば幸いです。

    建設業許可新規申請、更新申請、変更届、決算変更届
    等のご相談は新田行政書士事務所までお問合せください。
    当事務所の業務内容はホームページをご覧ください
    こちらをクリックしてご覧ください
    電話からのお問合せは
    042-455-2796
    メールからのお問合せは
    こちらに連絡先等記入の上、送信してください
    まずはご相談ください。お待ちしております。


      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士  at 09:21Comments(0)建設業許可

    2017年12月24日

    建設工事現場と営業所の近接性!

    「清瀬のまちの行政書士」新田行政書士事務所です。
    ご訪問ありがとうございます。

    建設業の工事で
    専任技術者が配置技術者を兼任できるには
    工事現場と営業所の近接性が求められます。



    近接性とはどのくらいの距離をさすのでしょう?
    判例によれば
    工事現場と営業所が高速道路を利用すれば
    1時間で移動できる距離にあり、連絡も容易
    等の常況であれば近接性の要件を満たす
    可能性は極めて高いとされました。
    逆に・・
    工事現場と営業所が最も近い場所でも
    数十km、最も遠い場所はそこから70km
    離れている場合は近接していて連絡を
    とる体制にあるとはいえないとしています。

    工事現場と営業所の近接性は
    あらゆる状況が関わってきますので
    一概に距離だけでは判断しずらいものですが
    判例を一つの目安にしてみてはいかがでしょう。

    建設業許可新規申請、更新申請、変更届、決算変更届
    等のご相談は新田行政書士事務所までお問合せください。
    当事務所の業務内容はホームページをご覧ください
    こちらをクリックしてご覧ください
    電話からのお問合せは
    042-455-2796
    メールからのお問合せは
    こちらに連絡先等記入の上、送信してください
    まずはご連絡ください。お待ちしております。
      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士  at 15:47Comments(0)建設業許可

    2017年12月23日

    建設業の専任技術者と配置技術者!

    「清瀬のまちの行政書士」新田行政書士事務所です。
    ご訪問ありがとうございます。

    建設業の許可要件の一つ
    専任技術者の営業所の常勤・・
    そのため原則として
    専任技術者は配置技術者にはなれません。



    ただし・・兼任できる場合があります。
    ①当該営業所で契約され
    ②工事現場と営業所が近接し
    ③常時営業所と連絡をとることができ
    ④専任を要しない工事現場
    ならば
    兼務することができます。

    人手不足の続く建設業界においては
    緩和措置を上手に利用することが
    大切ナコトダト思います。

    建設業許可新規申請、更新申請、変更届、決算変更届
    等のご相談は新田行政書士事務所までお問合せください。
    当事務所の業務内容はホームページをご覧ください
    こちらをクリックしてご覧ください
    電話からのお問合せは
    042-455-2796
    メールからのお問合せは
    こちらに連絡先等記入の上、送信してください
    まずはご連絡ください。お待ちしております。
      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士  at 16:36Comments(0)建設業許可

    2017年12月21日

    電気工事業も登録が必要です!

    「清瀬のまちの行政書士」新田行政書士事務所です。
    ご訪問ありがとうございます。

    電気工事業を営む場合
    その電気工事業の分類によって
    登録や届出等が必要になります。


    まず前提として
    一般用電気工作物及び
    500㎾未満の自家用電気工作物
    の電気工事を行う電気工事業者で

    登録電気工事業者
    建設業許可を受けていない電気工事業者は
    登録申請の手続が必要です

    みなし登録電気工事業者
    建設業許可を受けている電気工事業者は
    電気工事業開始の届出が必要です

    通知電気工事業者
    自家用電気工作物の電気工事のみを行う電気工事業者は
    電気工事開始通知書の提出が必要です

    みなし通知電気工事業者
    建設業許可を受け自家用電気工作物の工事のみを
    行う電気工事業者は電気工事業開始通知書の提出が
    必要です

    その後、変更があればそれぞれ変更届が必要になります。
    申請には申請書以外に誓約書、主任電気工事士等の雇用証明書
    実務経験証明書等の書類が必要になりますのでご注意ください。

    建設業許可新規申請、更新申請、変更届、決算変更届
    等のご相談は新田行政書士事務所までお問合せください。
    当事務所の業務内容はホームページをご覧ください
    こちらをクリックしてご覧ください
    電話からのお問合せは
    042-455-2796
    メールからのお問合せは
    こちらに連絡先等記入の上、送信してください
    まずはご連絡ください。お待ちしております。



      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士  at 10:31Comments(0)建設業許可

    2017年12月20日

    建設リサイクル法の義務!

    「清瀬のまちの行政書士」新田行政書士事務所です。
    ご訪問ありがとうございます。

    建設リサイクル法では
    一定の工事は事前に届出が必要ですが
    それ以外にも義務付けされていることが
    あります。


    例えば・・
    元請業者から発注者への完了報告

    現場における標識の掲示

    契約書面に解体工事の費用、再資源化の費用等
    を明記する
    ・・・等です。

    対象の工事の事前届出を怠ると
    罰則規定もありますので注意が必要です。
    忙しくても手順に従った工事をいたしましょう。

    建設業許可新規申請、更新申請、変更届、決算変更届
    等のご相談は新田行政書士事務所までお問合せください。
    当事務所の業務内容はホームページをご覧ください
    こちらをクリックしてご覧ください
    電話からのお問合せは
    042-455-2796
    メールからのお問合せは
    こちらに連絡先等記入の上、送信してください
    まずはご連絡ください。お待ちしております。
      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士  at 14:24Comments(0)建設業許可