たまりば

  多摩地域のお店・会社 多摩地域のお店・会社  清瀬市 清瀬市


2018年08月17日

建設業法の目的!

清瀬の仕事・暮らしの手続サポート
新田行政書士事務所です。
秋の風が吹く清瀬の朝・・
ご訪問ありがとうございます。

建設業法の第1条は
「建設業法の目的」
が定められています。


建設業法の目的は
①手抜き工事や祖雑工事等の不良工事
 を防止するとともに、さらに積極的に
 適正な施工を実現して、発注者の保護を
 図ること

②建設業の健全な発達を促進すること
 
建設業は個人生活や社会生活の基盤となる
諸施設の整備を担う重要な産業で、国民経済
と深く関わっています。
建設業が調和のとれた産業として
発達することは公益的にも必要です。
(平成30年版
 東京都建設業許可の手引より)

建設業許可等の許認可のことは
新田行政書士事務所までご相談ください。

当事務所のホームページは
⇒こちらをクリックしてご覧ください。
電話からのご相談は
042-455-2796
メールからのご相談は
⇒こちらに連絡先等記入の上、送信してください。
ご相談、お問合せをお待ちしております。


 
  


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士  at 08:59Comments(0)建設業許可

    2018年08月16日

    建設業許可取得の要件(経営業務管理責任者)!

    清瀬の仕事・暮らしの手続サポート
    新田行政書士事務所です。
    もう少しで猛暑も一段落しそうです。
    本日もご訪問ありがとうございます。

    建設業許可を取得するときに
    クリアしなければならない
    要件の一つが
    「経営業務の管理責任者が
    常勤でいること」



    経営業務管理責任者
    に該当するには・・

    *許可を受けようとする建設業に
     関し5年以上の経営業務の
     管理責任者としての経験を有する者

    *又は上記と同等以上の能力
      有するものと認められた者
    とされています。

    許可を申請しようとしたら年数が
    足りなかった・・
    ということの無いようご確認ください。

    建設業許可等の許認可のことは
    新田行政書士事務所までご相談ください。
    当事務所のホームページは
    ⇒こちらをクリックしてご覧ください。
    電話からのご相談は
    042-455-2796
    メールからのご相談は
    ⇒こちらに連絡先等記入の上、送信してください。
    ご相談、お問合せをお待ちしております。

      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士  at 09:13Comments(0)建設業許可

    2018年08月15日

    建設業許可の業種区分(し尿処理施設工事)!

    清瀬の仕事・暮らしの手続サポート
    新田行政書士事務所です。
    まだまだ暑さ対策が必要です。
    ご訪問ありがとうございます。

    建設業許可を取得しようとお考えなら
    施工している工事が
    どの業種に該当するのか
    大切な確認事項になります。


    例えば・・「し尿処理施設工事」

    規模の大小を問わず浄化槽二より
    し尿を処理する施設の工事は・・
    「管工事」に該当します。

    公共団体が設置するもので
    下水道により収集された汚水を
    処理する施設の工事は・・
    「水道施設工事」に該当します。

    公共団体が設置するもので
    汲取方式により収集されたし尿を
    処理する施設の工事は・・
    「清掃施設工事」に該当します。

    建設業許可の取得申請の時には
    業種区分の確認をお忘れなく!

    建設業許可等の許認可のことは
    新田行政書士事務所までご相談ください。
    当事務所のホームページは
    ⇒こちらをクリックしてご覧ください。
    電話からのご相談は
    042-455-2796
    メールからのご相談は
    ⇒こちらに連絡先等記入の上、送信してください。
    ご相談、お問合せをお待ちしております。



      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士  at 08:37Comments(0)建設業許可

    2018年08月14日

    建設業許可の業種区分(屋根工事)!

    清瀬の仕事・暮らしの手続サポート
    新田行政書士事務所です。
    昨日は突然の雷雨・・停電でした。
    ご訪問ありがとうございます。

    建設業許可を取得するとき
    施工している工事が
    どの工事業種に該当するか
    確認することが大切です。



    例えば「屋根工事」・・
    瓦、スレート、金属薄板で屋根をふくのは
    「屋根工事」に該当します。

    屋根断熱工事も屋根をふく工事なので
    「屋根工事」

    屋根一体型の太陽光パネル設置工事は
    「屋根工事」

    ただし・・太陽光発電設備の設置工事は
    「電気工事」に該当しますのでご注意を!

    建設業許可等の許認可のことは
    新田行政書士事務所までご相談ください。
    当事務所のホームページは
    ⇒こちらをクリックしてご覧ください。
    電話からのご相談は
    042-455-2796
    メールからのご相談は
    ⇒こちらに連絡先等記入の上、送信してください。
    ご相談、お問合せをお待ちしております。


      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士  at 08:33Comments(0)建設業許可

    2018年08月13日

    建設業許可を取得する(営業所)!

    清瀬の仕事・暮らしの手続サポート
    新田行政書士事務所です。
    もう少し、暑い日が続きそうです。
    ご訪問ありがとうございます。

    建設業許可を取得しようと
    されている業者の皆様!

    建設業許可を取得するには
    まず要件をクリアすること。

    そして「営業所」があること
    が必要です。


    営業所とされるには・・
    1、外部から来客を迎え入れ、建設工事の
      請負契約締結等の実体的業務を
      行っている
    2、電話、机、各種事務台帳を備えている
    3、契約締結等のスペースがあり、かつ、
      居住部分等と明確に区分されている
    4、営業用事務所として使用権原を
      有していること
    5、看板、標識等で外部から建設業の営業所
      とわかるように表示されていること
    6、経営業務の管理責任者又は施行令3条
      規定の使用人が常勤している
    7、専任技術者が常勤している

    と定められています。
    (参考:東京都建設業許可の手引き)

    まずは要件をクリアしているかを確認。
    クリアしていたら申請にとりかかりましょう。

    建設業許可等の許認可のことは
    新田行政書士事務所までご相談ください。
    当事務所のホームページは
    ⇒こちらをクリックしてご覧ください。
    電話からのご相談は
    042-455-2796
    メールからのご相談は
    ⇒こちらに連絡先等記入の上、送信してください。
    ご相談、お問合せをお待ちしております。

      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士  at 08:37Comments(0)建設業許可

    2018年08月11日

    建設業許可の要件!

    清瀬の仕事・暮らしの手続サポート
    新田行政書士事務所です。
    雷雨発生中!
    ご訪問ありがとうございます。

    建設業の許可を取得したい・・
    許可の申請をする必要がありますが
    申請をすれば誰でも許可が
    取得できるわけではありません。


    まず、建設業許可を取得するには
    定められた要件をクリアすることが
    必要です。

    建設業許可の要件とは・・
    *経営業務の管理責任者が
      常勤でいること
    *専任技術者を営業所ごとに
      常勤で置いていること
    *請負契約に関して
      誠実性を有していること
    *請負契約を履行するに足りる
      財産的基礎又は金銭的信用を
      有していること
    *欠格要件等に該当しないこと

    この要件をクリアするにも
    許可基準が細かく定められています。
    まずは一つ一つの要件を
    クリアできる確認していきましょう。

    建設業許可等の許認可のことは
    新田行政書士事務所までご相談ください。
    当事務所のホームページは
    ⇒こちらをクリックしてご覧ください。
    電話からのご相談は
    042-455-2796
    メールからのご相談は
    ⇒こちらに連絡先等記入の上、送信してください。
    ご相談、お問合せをお待ちしております。
      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士  at 15:06Comments(0)建設業許可

    2018年08月10日

    建設業許可を取得!

    清瀬の仕事・暮らしの手続サポート
    新田行政書士事務所です。
    陽射し復活、熱中症にご注意を!
    ご訪問ありがとうございます。


    建設業を営む場合に
    建設業許可がなければ
    施工できない工事があります。

    建築一式工事では・・
    一件の請負代金が1500万円以上の工事
    木造住宅で延べ面積が150㎡以上の工事

    建築一式工事以外の工事では・・
    一件の請負代金が500万円以上の工事
    ・・が該当します。

    うちは、もっと軽微な工事しか
    請け負わないから、許可は取らない・・
    という業者様もあると思いますが・・

    今は、発注元様、元請業者様から
    金額の大小を問わず、請け負ってもらう
    業者様に建設業許可の取得を求めたり
    建設業許可業者を選んだりする
    傾向が
    強くなっています。

    世間はお盆休み。
    売上拡大、規模拡大・・
    自社の魅力をアップするため

    建設業許可の取得を考えてみては
    いかがでしょうか。

    建設業許可等の許認可のことは
    新田行政書士事務所までご相談ください。
    当事務所のホームページは
    ⇒こちらをクリックしてご覧ください。
    電話からのご相談は
    042-455-2796
    メールからのご相談は
    ⇒こちらに連絡先等記入の上、送信してください。
    ご相談、お問合せをお待ちしております。



      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士  at 08:38Comments(0)建設業許可

    2018年08月09日

    建設業許可の業種区分(屋外広告物設置)!

    清瀬の仕事・暮らしの手続サポート
    新田行政書士事務所です。
    蒸し暑い、薄曇りの空・・
    本日もご訪問ありがとうございます。

    建設業の許可を取得するときに
    施工している工事がどの業種に
    該当するのか確認することは
    大切です。


    例えば・・「屋外広告物設置工事」

    現場で屋外広告物の製作、加工から
    設置までを一貫して請け負うのは・・
    「鋼構造物工事」に該当します。

    それ以外の設置工事は・・
    「とび・土工・コンクリート工事」
    に該当します。

    建設業許可を申請する時には
    ご確認ください!

    建設業許可等の許認可のことは
    新田行政書士事務所までご相談ください。
    当事務所のホームページは
    ⇒こちらをクリックしてご覧ください。
    電話からのご相談は
    042-455-2796
    メールからのご相談は
    ⇒こちらに連絡先等記入の上、送信してください。
    ご相談、お問合せをお待ちしております。




      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士  at 08:56Comments(0)建設業許可

    2018年08月08日

    建設業許可の業種区分(鉄骨工事)!

    清瀬の仕事・暮らしの手続サポート
    新田行政書士事務所です。
    大雨の中、ご訪問ありがとうございます。

    建設業許可の取得を申請する時
    施工している工事がどの業種に
    該当するのか確認することは大切です。


    例えば・・「鉄骨工事」

    鉄骨の製作、加工から組立てまでを
    一貫して請け負う工事は・・
    「鋼構造物工事」

    すでに加工された鉄骨を現場で
    組み立てることのみを請け負う工事は・・
    「とび・土工・コンクリート工事」
    に該当します。

    建設業の許可申請時にはご確認ください!!

    建設業許可等の許認可のことは
    新田行政書士事務所までご相談ください。
    当事務所のホームページは
    ⇒こちらをクリックしてご覧ください。
    電話からのご相談は
    042-455-2796
    メールからのご相談は
    ⇒こちらに連絡先等記入の上、送信してください。
    ご相談、お問合せをお待ちしております。
      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士  at 08:56Comments(0)建設業許可

    2018年08月07日

    建設業許可の業種区分(コンクリートブロック)!

    清瀬の仕事・暮らしの手続サポート
    新田行政書士事務所です。
    涼しい朝、ご訪問ありがとうございます。

    建設業の許可を取得するとき
    施工した工事がどの工事業種に
    該当するのか
    ・・大事なところです。


    例えば、コンクリートブロックを
    使用する工事で比較すると・・

    根固めブロック、消波ブロックの据付け等
    土木工事において規模の大きい
    コンクリートブロックの据付けを行う工事や
    プレキャストコンクリートの柱、梁等の
    部材の設置工事は
    「とび・土工・コンクリート工事」に該当します。

    建築物の内外装として擬石等を貼り付ける
    工事や法面処理、擁壁として
    コンクリートブロックを積み、貼り付ける工事は
    「石工事」に該当します。

    コンクリートブロックにより建築物を
    建築する工事は
    「タイル・れんが・ブロック工事」に該当します。

    建設業許可の申請時には
    施工した工事ごとに業種の確認を!

    建設業許可等の許認可のことは
    新田行政書士事務所までご相談ください
    当事務所のホームページは
    ⇒こちらをクリックしてご覧ください。
    電話からのご相談は
    042-455-2796
    メールからのご相談は
    ⇒こちらに連絡先等記入の上、送信してください。
    ご相談、お問合せをお待ちしております。



      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士  at 08:47Comments(0)建設業許可