たまりば

  多摩地域のお店・会社 多摩地域のお店・会社  清瀬市 清瀬市

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
清瀬のまちの行政書士
清瀬のまちの行政書士
開業して4年目の「清瀬のまちの行政書士」新田と申します。
相続・遺言書・建設業許可・法人設立・契約書・車庫証明・永住・帰化等の暮らしや仕事の手続のお手伝いをさせていただきます。
困りごと、悩みごと、相談ごとございましたら、ご連絡下さい。
営業時間 AM9:00 ~ PM6:30
土日祝日も問合せ可能です。
初回の相談料は無料。
お気軽にご連絡下さい。

2017年11月15日

遺言書を作りましょう!

「清瀬のまちの行政書士」・・・
新田行政書士事務所です。
朝から昨日の雨で散った落ち葉を掃除・・
風が吹いて散った落ち葉を掃除・・
車が通るたびに散る落ち葉を掃除・・・秋深し!

遺言書は絶対に作らなければいけない
わけではありません。
親一人、子一人で子供にすべて継がせる・・
遺言書を作らなくても相続でもめるはずがない
ので作る必要はなさそうです。

親一人で子供が二人・・
子供には財産を半分づつ継がせればいい。
問題ないから遺言書は必要ない・・
どうでしょうか?


いざ遺産分割になった時・・
例えば・・
兄が「俺の方が親の面倒を見ていたから半分づつはおかしい」
弟も「兄貴は家を建てる時に結構援助してもらっているんだから半分なんて多すぎる」
なんて話も出てきそう・・
その話にその兄弟の嫁・子供等々が参加してくるともう収拾がつかなくなって・・・
相続争いになってしまう
ことも考えられるわけです。

遺言書を作らなくても大丈夫・・
というケースもあれば
遺言書を作らなかったばっかりに
・・・というケースもあります。
少しでも将来に不安を感じたら・・
まずは行政書士等の専門家にご相談ください。

遺言書の文案作成、公正証書遺言の作成手続
相続、建設業許可、法人設立、契約書
車庫証明。就労ビザ、永住。帰化等のご相談は
新田行政書士事務所までお問合せください。
当事務所の業務内容はホームページをご覧ください
こちらをクリックしてご覧ください
電話からのお問合せは
⇒☎042-455-2796
メールからのお問合せは
こちらに連絡先等記入の上、送信してください
初回の相談は無料です。お気軽にご連絡下さい。



  • 同じカテゴリー(遺言書)の記事画像
    西東京市の相続・遺言相談!
    遺言書に思いを遺すなら!
    遺言が必要な場合!
    その遺言書はダメです・・!
    同じカテゴリー(遺言書)の記事
     西東京市の相続・遺言相談! (2017-11-18 11:59)
     遺言書に思いを遺すなら! (2017-11-17 14:24)
     遺言が必要な場合! (2017-11-16 15:54)
     その遺言書はダメです・・! (2017-11-14 13:43)

    Posted by 清瀬のまちの行政書士 at 11:14│Comments(0)遺言書
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    遺言書を作りましょう!
      コメント(0)