たまりば

  多摩地域のお店・会社 多摩地域のお店・会社  清瀬市 清瀬市


2018年08月11日

建設業許可の要件!

清瀬の仕事・暮らしの手続サポート
新田行政書士事務所です。
雷雨発生中!
ご訪問ありがとうございます。

建設業の許可を取得したい・・
許可の申請をする必要がありますが
申請をすれば誰でも許可が
取得できるわけではありません。


まず、建設業許可を取得するには
定められた要件をクリアすることが
必要です。

建設業許可の要件とは・・
*経営業務の管理責任者が
  常勤でいること
*専任技術者を営業所ごとに
  常勤で置いていること
*請負契約に関して
  誠実性を有していること
*請負契約を履行するに足りる
  財産的基礎又は金銭的信用を
  有していること
*欠格要件等に該当しないこと

この要件をクリアするにも
許可基準が細かく定められています。
まずは一つ一つの要件を
クリアできる確認していきましょう。

建設業許可等の許認可のことは
新田行政書士事務所までご相談ください。
当事務所のホームページは
⇒こちらをクリックしてご覧ください。
電話からのご相談は
042-455-2796
メールからのご相談は
⇒こちらに連絡先等記入の上、送信してください。
ご相談、お問合せをお待ちしております。
  


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士  at 15:06Comments(0)建設業許可

    2018年08月10日

    建設業許可を取得!

    清瀬の仕事・暮らしの手続サポート
    新田行政書士事務所です。
    陽射し復活、熱中症にご注意を!
    ご訪問ありがとうございます。


    建設業を営む場合に
    建設業許可がなければ
    施工できない工事があります。

    建築一式工事では・・
    一件の請負代金が1500万円以上の工事
    木造住宅で延べ面積が150㎡以上の工事

    建築一式工事以外の工事では・・
    一件の請負代金が500万円以上の工事
    ・・が該当します。

    うちは、もっと軽微な工事しか
    請け負わないから、許可は取らない・・
    という業者様もあると思いますが・・

    今は、発注元様、元請業者様から
    金額の大小を問わず、請け負ってもらう
    業者様に建設業許可の取得を求めたり
    建設業許可業者を選んだりする
    傾向が
    強くなっています。

    世間はお盆休み。
    売上拡大、規模拡大・・
    自社の魅力をアップするため

    建設業許可の取得を考えてみては
    いかがでしょうか。

    建設業許可等の許認可のことは
    新田行政書士事務所までご相談ください。
    当事務所のホームページは
    ⇒こちらをクリックしてご覧ください。
    電話からのご相談は
    042-455-2796
    メールからのご相談は
    ⇒こちらに連絡先等記入の上、送信してください。
    ご相談、お問合せをお待ちしております。



      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士  at 08:38Comments(0)建設業許可

    2018年08月09日

    建設業許可の業種区分(屋外広告物設置)!

    清瀬の仕事・暮らしの手続サポート
    新田行政書士事務所です。
    蒸し暑い、薄曇りの空・・
    本日もご訪問ありがとうございます。

    建設業の許可を取得するときに
    施工している工事がどの業種に
    該当するのか確認することは
    大切です。


    例えば・・「屋外広告物設置工事」

    現場で屋外広告物の製作、加工から
    設置までを一貫して請け負うのは・・
    「鋼構造物工事」に該当します。

    それ以外の設置工事は・・
    「とび・土工・コンクリート工事」
    に該当します。

    建設業許可を申請する時には
    ご確認ください!

    建設業許可等の許認可のことは
    新田行政書士事務所までご相談ください。
    当事務所のホームページは
    ⇒こちらをクリックしてご覧ください。
    電話からのご相談は
    042-455-2796
    メールからのご相談は
    ⇒こちらに連絡先等記入の上、送信してください。
    ご相談、お問合せをお待ちしております。




      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士  at 08:56Comments(0)建設業許可

    2018年08月08日

    建設業許可の業種区分(鉄骨工事)!

    清瀬の仕事・暮らしの手続サポート
    新田行政書士事務所です。
    大雨の中、ご訪問ありがとうございます。

    建設業許可の取得を申請する時
    施工している工事がどの業種に
    該当するのか確認することは大切です。


    例えば・・「鉄骨工事」

    鉄骨の製作、加工から組立てまでを
    一貫して請け負う工事は・・
    「鋼構造物工事」

    すでに加工された鉄骨を現場で
    組み立てることのみを請け負う工事は・・
    「とび・土工・コンクリート工事」
    に該当します。

    建設業の許可申請時にはご確認ください!!

    建設業許可等の許認可のことは
    新田行政書士事務所までご相談ください。
    当事務所のホームページは
    ⇒こちらをクリックしてご覧ください。
    電話からのご相談は
    042-455-2796
    メールからのご相談は
    ⇒こちらに連絡先等記入の上、送信してください。
    ご相談、お問合せをお待ちしております。
      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士  at 08:56Comments(0)建設業許可

    2018年08月07日

    建設業許可の業種区分(コンクリートブロック)!

    清瀬の仕事・暮らしの手続サポート
    新田行政書士事務所です。
    涼しい朝、ご訪問ありがとうございます。

    建設業の許可を取得するとき
    施工した工事がどの工事業種に
    該当するのか
    ・・大事なところです。


    例えば、コンクリートブロックを
    使用する工事で比較すると・・

    根固めブロック、消波ブロックの据付け等
    土木工事において規模の大きい
    コンクリートブロックの据付けを行う工事や
    プレキャストコンクリートの柱、梁等の
    部材の設置工事は
    「とび・土工・コンクリート工事」に該当します。

    建築物の内外装として擬石等を貼り付ける
    工事や法面処理、擁壁として
    コンクリートブロックを積み、貼り付ける工事は
    「石工事」に該当します。

    コンクリートブロックにより建築物を
    建築する工事は
    「タイル・れんが・ブロック工事」に該当します。

    建設業許可の申請時には
    施工した工事ごとに業種の確認を!

    建設業許可等の許認可のことは
    新田行政書士事務所までご相談ください
    当事務所のホームページは
    ⇒こちらをクリックしてご覧ください。
    電話からのご相談は
    042-455-2796
    メールからのご相談は
    ⇒こちらに連絡先等記入の上、送信してください。
    ご相談、お問合せをお待ちしております。



      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士  at 08:47Comments(0)建設業許可

    2018年08月06日

    建設業許可業種区分(吹付け工事)!

    清瀬の仕事・暮らしの手続サポート
    新田行政書士事務所です。
    午後は雨!ご訪問ありがとうございます。

    建設業許可を取得する申請をする時
    施工している工事がどの業種
    該当するのか・・大事なところです。


    吹付け工事・・といっても
    該当する業種は複数あります。

    建築物に対するモルタル等を
    吹き付ける工事は・・「左官工事」

    法面処理のためにモルタル又は種子を
    吹き付ける工事は・・
    「とび・土工・コンクリート工事」

    それぞれ施工した工事ごとに
    業種の確認を行っていきましょう。

    建設業許可等の許認可申請のことは
    新田行政書士事務所までご相談ください。

    当事務所のホームページは
    ⇒こちらをクリックしてご覧ください。
    電話からのご相談は
    042-455-2796
    メールからのご相談は
    ⇒こちらに連絡先等記入の上、送信してください。
    ご相談、お問合せをお待ちしております

      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士  at 09:00Comments(0)建設業許可

    2018年08月04日

    民泊事業の規制!

    清瀬の仕事・暮らしの手続サポート
    新田行政書士事務所です。
    ご訪問ありがとうございます。

    民泊新法が施行されて
    2ケ月近くが経ちます。
    徐々に登録物件は増えているようですが
    正直、まだまだ少ない状況です。


    なかなか増えない理由に
    *年間180日の日数制限
    *手続が煩雑
    さらに
    自治体によって規制がある・・という理由

    例えば・・
    中央区では区内全域で
    営業は土曜日正午から月曜日正午まで

    台東区では管理者が常駐しない場合は
    営業は土曜日の正午から月曜日の正午と
    祝日、年末年始

    目黒区では区内全域で
    営業は金曜日の正午から日曜日の正午まで

    等の自治体独自の規制があります。

    民泊を事業として行うか
    空き家、空き室の有効活用と考えるか・・

    2年後に控えた東京五輪・・
    それまでに少しでも民泊事業登録が
    増えるよう、新たな施策、規約改正
    を期待したいところです。

    民泊事業届出、建設業許可等の許認可は
    新田行政書士事務所までご相談ください。
    当事務所のホームページは
    ⇒こちらをクリックしてご覧ください。
    電話からのご相談は
    042-455-2796
    メールからのご相談は
    ⇒こちらに連絡先等記入の上、送信してください。
    ご相談、お問合せをお待ちしております


      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士  at 09:02Comments(0)民泊新法

    2018年08月03日

    平成30年版「建設業許可の手引」(東京都)!

    清瀬の仕事・暮らしの手続サポート
    新田行政書士事務所です。
    猛暑の中、ご訪問ありがとうございます。

    東京都の平成30年版
    「建設業許可の手引」
    アップされています。


    建設業許可を取得しようとする業者様
    建設業許可をすでに取得しているけど
    業種追加、変更、更新、決算変更届
    等を申請、提出する予定の業者様

    平成30年版の手引に目を通して
    みてはいかがでしょう。

    平成30年版「建設業許可の手引」(東京都)
    こちらから



    建設業許可等の許認可は
    新田行政書士事務所までご相談ください。
    当事務所のホームページは
    ⇒こちらをクリックしてご覧ください。
    電話からのご相談は
    042-455-2796
    メールからのご相談は
    ⇒こちらに連絡先等記入の上、送信してください。
    ご相談、お問合せをお待ちしております
      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士  at 08:37Comments(0)建設業許可

    2018年08月02日

    建設業許可業種区分(上下水道施設工事)!

    清瀬の仕事・暮らしの手続サポート
    新田行政書士事務所です。
    猛暑の中、ご訪問ありがとうございます。

    建設業の許可を取得する際に
    注意するポイントの一つが
    取得する建設業の業種が
    実際の工事に該当しているか、どうか
    です。


    例えば・・
    上下水道施設の工事で考えると
    「土木一式工事」
    「管工事」
    「水道施設工事」
    が該当してきますが、その区分は?

    公道下等の下水道の配管工事及び
    下水処理場自体の敷地造成工事は・・
    「土木一式工事」に当たります。

    家屋その他の施設の敷地内の配管工事
    及び上水道等の配水小管設置工事は・・
    「管工事」に当たります。

    上水道等の取水、浄水、配水等の施設及び
    下水処理場内の処理施設の築造、設置工事は
    「水道施設工事」に当たります。
    (建設業許可事務ガイドラインより)

    建設業許可の申請の際にはご注意ください!

    建設業許可等の許認可は
    新田行政書士事務所までご相談ください。
    当事務所のホームページは
    ⇒こちらをクリックしてご覧ください。
    電話からのご相談は
    042-455-2796
    メールからのご相談は
    ⇒こちらに連絡先等記入の上、送信してください。
    ご相談、お問合せをお待ちしております。
      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士  at 09:36Comments(0)建設業許可

    2018年08月01日

    酒類小売業免許・・!

    清瀬の仕事・暮らしの手続サポート
    新田行政書士事務所です。
    猛暑日注意!
    ご訪問ありがとうございます。

    酒類の販売業をする場合は
    販売所ごとにその所在地の
    所轄税務署長から販売業免許
    を受ける必要があります。


    販売業免許を受けずに
    酒類の販売業を行うと
    1年以下の懲役又は50万円以下の罰金
    に処されます。

    申請手続の流れは
    申請書、添付書類を税務署に提出
          ⇩
    申請書類の審査(約2ケ月間)
          ⇩
    免許付与等の通知
          ⇩
    酒類の販売開始(免許が付与されれば)

    免許付与には1件につき
    登録免許税3万円を納付する必要があります。

    酒類販売業免許、飲食店営業許可
    建設業許可等の許認可は
    新田行政書士事務所までご相談ください。
    電話からのご相談は
    042-455-2796
    メールからのご相談は
    ⇒こちらに連絡先等記入の上、送信してください。
    ご相談、お問合せをお待ちしております。
       


      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士  at 08:53Comments(0)許認可申請