たまりば

  生活・暮らし 生活・暮らし  清瀬市 清瀬市

2017年04月25日

まずエンデイングノートから!

清瀬の「まちの法律家」新田行政書士事務所の
行政書士 新田です。ご訪問ありがとうございます。
パソコンが故障して修理に出していたこともあり
しばらくぶりの投稿になります。

後々のことを考えて、遺言書を作っておこうか
と思っても書式とか作成方法とか調べてみると
面倒になって・・・結局、何もしないまま・・時が過ぎて・・
よくあることかもしれません。
遺言書をご自分で作ろうとしても難しくてあきらめる・・


それならば「エンデイングノート」はどうでしょう。
エンデイングノートは書式や作成方法が決まっている
わけでもなく、書店等に行けば、フーマットが出来ていて
それに書き込めばいいようになっているものも売ってます。

遺言書だと書いても意味がないことも
エンデイングノートには書き残せます。
例えば、亡くなる前の準備・・
認知症になった時、意識不明になった時の対処方法・・
亡くなった後の・・
葬儀の方法、埋葬の方法、参列者の希望等々・・
家族との思い出の写真等も貼っておくのもいいでしょう。

エンデイングノートには法的効力はありません。
相続になったとき、遺産争いがおきそう・・と思ったときは
遺言書を作りましょう。ご自分で作るのが難しそう、わからない
その時は・・
いつでも当事務所がご相談に乗ります。

まずは自分史を作るつもりでエンデイングノートを
書き始めてはいかがでしょうか。
遺言書のご相談・お手伝いは
清瀬市竹丘の新田行政書士事務所までどうぞ!
電話042-455-2796
営業時間は午前9時~午後6時30分です。

  


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士 at 08:58Comments(0)相続・遺言

    2017年04月06日

    きよせさくらまつり2017もあと3日です!

    清瀬の「まちの法律家」新田行政書士事務所です。
    今日は清瀬の情報についてお届けいたします。


    近所の公園のさくらも今日は満開になっていました。
    ちょっと風が強く吹いていたの散り始めていましたが・・
    きよせさくらまつり2017が3月24日から始まっています。
    なかなか開花が進みませんしたが今は満開でしょう!
    会場は「台田運動公園」
    公園内の1.3km続くさくらのトンネルはなかなか見事!
    夜も9時まで提灯を点けているので夜桜も!
    清瀬駅からバス「台田団地行き」「台田団地中央」下車
    徒歩1分・・


    さくらまつり2017は今度の日曜日・・
    4月9日までです。
    あまり天気は良くなさそうですが
    暖かくなってきましたので近所の方は
    出かけてみてはいかがでしょうか!

    相続・遺言、許認可、入管手続等の法務手続の
    ご相談・問い合わせは清瀬市竹丘の
    新田行政書士事務所までご連絡ください。
    TEL042-455-2796


      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士 at 18:41Comments(0)清瀬情報

    2017年04月03日

    新たに外国人を採用する時の入管手続!

    清瀬の「まちの法律家」新田行政書士事務所です。
    今日は入管手続についての情報をお知らせいたします。


    新しく外国人を採用する場合は・・
    ①国外から呼び寄せる場合は
     「在留資格認定証明書」の交付申請が必要です。
     本人又は代理人(行政書士等)が行います。
     代理申請の場合は本人に送付して査証(ビザ)申請
     又は上陸審査の時に証明書を提出すると
     審査をスムーズに行うことができます。

    ②国内に在留している場合は
     就労資格を持っていない場合は
     「在留資格変更」の許可申請を本人又は
     代理人(行政書士等)が行います。

    ③すでに就労資格を持っていても
     在留資格に該当する活動を引き続き行う場合は
     「契約機関に関する届出」又は
     「活動機関に関する届出」が必要です。

    雇用主は必ず、採用後の業務内容が
    在留資格に該当するか確認する必要があり、
    「中長期在留者の受け入れに関する届出」
    提出したほうがよいでしょう。
    その他、入管手続についてのお問い合わせは
    清瀬市竹丘3-10-78
    新田行政書士事務所までご連絡ください。
    TEL042-455-2796
      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士 at 09:08Comments(0)在留資格・入管

    2017年03月31日

    清瀬カタクリまつり開催中のお知らせ!

    清瀬の「街の法律家」新田行政書士事務所です。
    知りたいこと・聞きたいことの情報をお伝えいたします。


    4月2日まで清瀬市中里緑地保全地域等で
    カタクリまつりが開催されています。
    カタクリとはユリ科の花で淡い紅紫色の花。
    花被片が上に向かって強く反り返るのが特徴です。
    大きさは10cm~20cmの多年草。
    3月~4月が見頃です。
    清瀬も多摩の平地では有数の群生地です。

    エリアは3ケ所に分かれ
    柳瀬川沿いのA地区と
    せせらぎ公園奥のB地区、C地区


    思っていたよりも花は少なく感じましたが
    カタクリを探すのもまた楽しからずや!!
    カタクリまつりは4月2日の日曜日まで
    ぜひ、足を運んでカタクリを探しましょう!!

    相続・遺言その他許認可申請、契約書、入管手続等
    相談・悩み事などお問い合わせは
    清瀬市竹丘3-10-78
    新田行政書士事務所
    までご連絡ください。
    電話 042-455-2796
      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士 at 13:59Comments(0)清瀬情報

    2017年03月29日

    相続手続が5月から簡単になるお知らせ!

    清瀬の「まちの法律家」新田行政書士事務所です。
    知りたいこと・聞きたいこと情報をお伝えいたします!

    3月28日に報道されていましたが
    「相続手続が5月から簡素化」すると法務大臣報告がありました。


    戸籍関係の書類一式を法務局(登記所)で1枚の証明書に
    まとめて(法定相続情報一覧図)、その写しを発行してもらい
    不動産登記の移転手続きや金融機関手続、車両名義変更等に
    利用できるようにする制度
    ですが
    その一部である不動産登記手続に利用することが
    5月から可能になるようです。

    従来はそれぞれの相続手続をする場合に
    被相続人(亡くなった人)の出生から死亡までの戸籍謄本、
    相続人全員の戸籍謄本等が必要
    だったので
    相続人は戸籍謄本取得が非常に負担になっていました。
    (今後も一式は用意しなければなりませんが)

    5月からの簡素化は不動産登記に限られていますが
    今後、金融機関、自動車名義等に利用できるようになると
    利便性が実感できるようになると思います。

    それでも相続手続に戸籍取得は必要です。
    相続手続に伴う戸籍取得の方法がわからない
    取得する暇がない
    ・・・そういった場合は
    最大20名の相続人の戸籍取得経験の有る
    当事務所へご相談ください!!
    新田行政書士事務所
    清瀬市竹丘3-10-78
    TEL042-455-2796
      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士 at 09:39Comments(0)相続・遺言

    2017年03月27日

    外国人を雇用する場合に確認したいこと!!

    清瀬の「まちの法律家」新田行政書士事務所です。
    知っておきたいこと、聞いておきたいことの情報を
    お届けいたします。
    3月は年度末、4月から新たな年度を迎え
    会社や事業所で新たな人材を迎える時期でもあります。
    近年は外国人を雇用する職場も増えていると思います。
    また、これから外国人を採用しようとしている会社も
    あると思います。
    そのときにまず確認しておきたいことは?


    ①在留カード等で外国人の方の在留資格、在留期限
     及び就労制限を確認すること
     *永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者、
       定住者の在留資格は就労制限がありません
    ②就労資格を持っている場合、職務内容と在留資格が
     該当するものか確認すること
     ③留学や家族滞在の在留資格を持っている場合は
     資格外活動許可を持っているかどうか確認すること
     *週28時間まで、風俗営業の営業所は禁止等の
       制限があります

    不法就労と知って就労させていれば
    外国人の方は強制退去、雇用主は懲役又は罰金になります。
    お気を付けください。
    ご相談・お問い合わせは
    新田行政書士事務所
    清瀬市竹丘3-10-78
    TEL042-455-2796
    にご連絡ください。
      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士 at 14:48Comments(0)在留資格・入管

    2017年03月17日

    建設工事の安全・健康確保推進法施行のお知らせ!

    清瀬の「まちの法律家」新田行政書士事務所です。
    多摩地域の皆様に知っておきたい情報をお届けいたします。


    3月16日に
    「建設工事従事者の安全及び健康の確保の推進
    に関する法律」という長い名前の法律が施行されました。

    昨日も建設工事現場で転落して2名の方が亡くなる
    事故が発生しております。
    このような建設業における重大な労働災害が発生している
    ため、建設工事従事者の安全及び健康の確保を推進するため
    労災保険料や安全衛生経費の確保や一人親方問題への対処
    等がなされるよう特別に手厚い対策を国及び都道府県に
    求めるものです。

    基本的施策は次の6項目です
    ①建設工事の請負契約における経費の適切・明確な積算
      明示・支払の促進
    ➁責任体制の明確化
    ⓷建設工事現場における措置の統一的な実施
    ⓸建設工事現場の安全性の点検、分析、評価の取組の促進
    ⓹建設工事従事者の安全に配慮した設計、工事の安全な実施に
      資するとともに省力化・生産性向上にも配意した材料・施工方法等
      の開発・普及の促進
    ⑥建設工事従事者の安全及び健康に関する意識の啓発

    特に個人事業主「一人親方」に対する安全対策が改善されることを
    目的としているようです。
    2020年に向けて、ますます、建設工事は増え、人手不足・高齢化
    が進む中、この法律の施行によって労働環境が改善され人材が
    確保できるようになることが東京・日本にとって大切なことだと思います。

    建設業許可等の許認可申請は
    清瀬の新田行政書士事務所までご相談ください。
    ホームページはこちらからどうぞ
    電話のお問い合わせは
    TEL042-455-2796
    東京都清瀬市竹丘3-10-78
    新田行政書士事務所でした!
      

      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士 at 15:20Comments(0)許認可申請

    2017年03月15日

    民泊サービスのための法案決定のお知らせ!

    清瀬の「まちの法律家」 新田行政書士事務所です。


    民泊という言葉がけっこう話題になっています。
    東京オリンピックの開催される2020年には
    外国人観光客の予想が4000万人。
    とても既存のホテル・旅館では賄いきれない!
    そこで3月10日に閣議決定した法案が
    「住宅宿泊事業法案」
    民泊サービスの提供に一定のルールを定め
    健全な民泊サービスの普及を図ることが目的です。

    主な内容は
    ①住宅宿泊事業の届出制度の創設
     住宅宿泊事業を営もうとする場合は
     都道府県知事に届出が必要等々
    ➁住宅宿泊管理業の登録制度の創設
     住宅宿泊管理業を営もうとする場合は
     国土交通大臣の登録が必要等々
    ⓷住宅宿泊仲介業の登録制度の創設
     住宅宿泊仲介業を営もうとする場合は
     観光庁長官の登録が必要等々

    民泊サービスは今後、益々普及していく
    と思いますがトラブルが発生することも
    少なくないようです。
    法案の成立時期はわかりませんが早急に
    民泊のルールを定めて東京オリンピックに
    向けて多くの観光客を呼び寄せることに
    つながればいいのではないでしょうか!

    建設業等各種許認可のお問い合わせは
    新田行政書士事務所までご連絡ください。
    ホームページからのお問い合わせは
    ">➾こちらからどうぞ
    電話のお問い合わせは
    TEL042-455-2796

      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士 at 14:47Comments(0)許認可申請

    2017年03月10日

    3月16日(木)竹丘地域センター無料相談会のお知らせ!再び!

    清瀬のまちの法律家 新田行政書士事務所です。
    ご訪問ありがとうございます。

    すでに告知済みですが
    「相続・遺言 無料相談会」を
    「3月16日 木曜日」
    「午後1時~午後5時」まで
    「清瀬市竹丘地域センター第1会議室」
    にて
    開催いたします。


    相続・遺言に関することなら、何でもけっこうです。
    お時間の許す限りお答えしたいと思います。
    (おおよそ一組あたり40分を目安にしております)

    相続手続は何からすればいいの?
    遺産分割はどうすればいいの?
    遺言書はどうやって作るの?
    公正証書遺言はいくらぐらいかかるの?
    等々・・
    その他、相続・遺言に関して疑問に思っていること
    わからないこと、聞きたいこと・・
    無料相談会のこの機会に是非、お越しください。

    なお、相談員は一人ですので、
    できれば予約をしてください!
    当日、受付もいたしますが
    一組づつ対応いたしますので、お待ちいただくことになります。

    新田行政書士事務所へのお問い合わせ・予約は
    TEL042-455-2796
    3月16日、お待ちしております!!
      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士 at 14:50Comments(0)相続・遺言

    2017年03月08日

    建設業の皆様、住宅瑕疵担保履行法届出のお知らせ!

    清瀬のまちの法律家 新田行政書士事務所です。
    ご訪問ありがとうございます。


    建設業者の皆様・・
    平成28年10月1日から平成29年3月31日までに
    請負人として発注者に新築住宅を引き渡した方
    又は前回(平成28年9月30日)に届出を行った方は・・

    新築住宅の発注者を保護するため請負人として
    新築住宅を引き渡す場合は
    住宅品質確保法の10年間の瑕疵担保責任を確実に
    行うための資力確保措置を講じなければなりません!
    そして引き渡した新築住宅の戸数、資力確保措置等の
    状況を東京都に平成29年4月3日~4月21日
    届出をする必要があります!!

    届出書類は
    ①住宅瑕疵担保保証金の供託・保険契約締結状況の届出書
    ➁住宅瑕疵担保保証金の供託・保険契約締結状況の一覧表
    ⓷保険加入の場合は保険契約を証する書面
    ⓸保証金の供託の場合は供託書
    ⓹供託・保険併用の場合は⓷⓸両方

    詳しくは東京都整備局ホームページの
    「住宅瑕疵担保履行法に基づく届出の手引」
    をご覧ください。

    その他、建設業許可・法人設立・定款・契約書等の
    相談・お問い合わせは
    新田行政書士事務所までご連絡ください。
    TEL042-455-2796
      


  • Posted by 清瀬のまちの行政書士 at 14:36Comments(0)許認可申請